外国為替平衡操作(為替介入)という言葉をご存知ですか?日銀が為替の介入をして新聞記事、テレビ、インターネットなどの報道記事で見かけたみなさんも多いと思います。

元来為替介入(外国為替平衡操作)というものは日本では、◯財務大臣が為替相場の安定化を保つように施行する手はずと考えられています。

簡潔に言えば、極度の円高もしくは円安になると財務大臣のお達しが出ると日銀が日本円を取引することで為替のレートを安定させる、ということです。

外国為替平衡操作(為替介入)とはいくつか方法があるのです。

1.単独介入・・・行政または日銀が、東京での市場の中で直接市場に参入してきて為替介入(外国為替市場介入)をする。

2.協調介入・・・いくつかの通貨当局が話し合ったうえそれぞれの通貨当局の資金を用い同時ないし小出しに為替介入して行く。

3.委託介入・・・国外の通貨当局に向けて介入の実施を委託する。

4.逆委託介入・・・中央銀行(日本銀行)が国外の通貨当局と代わって介入を執行する。

こんなような方法があります。

どの種類の為替介入も短期に、または連続して為替のレートにたくさんの影響を与えることになります。

為替介入の額は当たり前のことですが自分の国の威信をかけて行なうだけに桁違いです。

円を例にして考えると、普通は少しだけ変化する為替レートが不意にかなり変化をします。

個人の投資家の人でしたら一回くらいは経験したことがあると考えますが、これまではスムーズに利益(あるいは損失)が増えていたポジションを保持していたところ、保持している保有高が決済しましたとのことで連絡が外為の会社からメールが届き。

いくらくらい儲かったのかな(損したのかな)?と考えながら決済後の報告を確認したところ、自分の中で考えていた結果とはまったく反対の事となり度肝を抜かれたとの話があるのです。

為替の介入が行なわれるとよくあることです。

この例のように為替介入が実施されることで為替の傾向とまったく反対の変化をするのです。

なおかつ動く金額の幅は非常にでかく変わるため気をつける必要があります。

Copyright © 2002 www.augmentationmammaire.biz All Rights Reserved.