司法書士は法律の専門家

長い不妊のあと、初めての妊娠がわかった時の気持ち

結婚してから3年ほど子供に恵まれませんでした。
参考までに妊娠したいを選んでみてください。
自分は不妊症なのかもしれないという思いで、ちょっと絶望的になってしまいいつも気持ちがふさぎ込むようになってしまっていました。
不明な点がありましたら妊娠初期症状を比べてみてください。
でも、不妊治療を積極的に行おうという気持ちには不思議とならなかったのです。
問題が発生しましたら排卵日吟味してみてください。
どうしても子供が欲しいという気持ちは、不妊治療という人工的なプロセスを介してまでは気乗りしなかったというのが正直な気持ちでした。やはり自然に任せたいというのが私たち夫婦の共通の思いでしたから、そのままにしていました。もう二人だけの生活でもいいと思えるぐらいに充実した日々を送っていたある時、生理が遅れ、お腹の張りが起き、そしてやがて吐き気が襲ってくるようになり、まさかという気持ちで妊娠検査薬で調べてみたら、思ってもいなかった妊娠に大きな喜びで体が震えました。自分たちの人生には子供という存在はないのだと勝手に決め付けていたのですが、そこへひょっこりと、赤ちゃんがやってきたのです。一度はあきらめた妊娠でしたが、私たちの人生は大きく変換期を迎え、ただただすべてのものに感謝している日々です。