葬儀での写真撮影に疑問

葬儀での写真撮影に疑問

古い話になってしまい恐縮ですが、十数年前の父の葬儀の時のことです。当時はまだそれ程デジタルカメラや携帯で写真を撮るということが今の程には、普及していなかったと記憶しています。その葬儀の際に、葬儀屋の人がフラッシュをたいて撮影をしていました。それが個人的には不快に感じました。「なんでこんな時に」と思ったものです。
今すぐこちらいわき市 家族葬をチェックです

 

 後日、葬儀の写真だといってその写真を持ってきてくれたのですが、私はその写真を今日まで一度も見ていません。結婚式とかおめでたい席での写真なら、記念に残しておきたいと撮影するのは分かりますが、葬式のようなつらい時の写真などはあまり見たくないし、悲しんでいる遺族を撮影するのはどうかと思うのです。しかし、他の家族はそうは感じなかったようで、「写真ができたから見てみたら?」と見ることを勧めてきました。親族の中にも写真を撮っている人もいたのですが、後でその人と話をした時にも私のように葬儀で写真を撮るのが写真が嫌だという考えは、よく理解できないようでした。葬儀での写真撮影ということが世間一般ではどうとらえられているのでしょうか?